ここではクラシックギターレッスンを東京で行いたい人向けに、その練習方法やギターの歴史をご紹介します。ギターを大別すると、エレキギターとアコースティックギターに分けられます。エレキはアンプなどが必要で単体では音が鳴りません。そしてアコースティックギターはボディに鳴りを活かした生音で演奏します。そのアコースティックギターに分類されるクラシックギター。一体どのような楽器なのでしょうか?

どこが違うの?

フォークシンガーが抱えて歌っているイメージの強いアコースティックギターと、今回取り上げるクラシックギターには決定的な違いがあります。一番の違いは弦の素材です。アコースティックギターは基本的にブロンズ弦、つまり金属で作った弦を用います。方やクラシックギターは金属製の弦を使うことはありません。ナイロンで作られた弦を用います。この弦を「ガット」と呼ぶのでクラシックギターのことを「ガットギター」ということもあります。ナイロン製の弦を使っているので柔らかい音を鳴らすことができます。
形状として一番目につく違いはネックの幅です。クラシックギターはそれ一本でメロディーも伴奏も一気に演奏します。そのため指板は広くなっており、ネックは非常に幅広くなっています。

クラシックギターレッスンを東京で行うには?

アコースティックギターやエレキギターはピックを使って演奏することが多いのですが、クラシックギターではピックはまず使いません。右手の指だけで演奏します。クラシックの楽曲を弾くために作られた楽器ですので、クラシックギターは一本だけでメロディーも伴奏も一気に弾くことが多いです。その為クラシックギターは「小さなオーケストラ」と評されます。
オーケストラには高音を担当するバイオリン、中域を担当するヴィオラ、低音を担当するチェロというようにそれぞれ専門とする楽器が集まっています。しかしクラシックギターは低音から高音まで独りで扱える楽器です。そのため右手の親指で低音を弾き、他の指で中?高音を演奏しメロディーを奏でるという弾き方になります。

クラシックギター、その魅力

クラシックギターは独りでオーケストラのように伴奏もメロディーも同時に鳴らすことができる楽器であると前項で述べました。何といってもそれが醍醐味です。たった独りで全ての音域をカバーすることができるため、たった6本の弦と右手の指だけでとても広がりのある音を楽しむことができます。もちろんそれは上達すればということになりますが…。
弦の押さえ方にもコツがいるため、初心者が初めて触っていきなり音が出せるという楽器ではありません。しかしピアノのように独りで伴奏とメロディーを弾けますし、ピアノに比べれば購入は簡単です。最も魅力的なのはギターは弦が6本しかないので同時に発声できる音は6つしかありませんが、その制約の中に無限の可能性、無限の自由が秘められていることです。クラシックギターレッスンは東京でもできます。ギターを覚えて小さなオーケストラを楽しんでください。

ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、フルート、声楽・ボイストレーニング、作曲、ここでは音楽を幅広く学ぶことができます! 当社で営業している音楽教室はピアノ・ヴァイオリン・チェロ・ボイストレーニングなどの教室を開講としていて、東京を対象エリアとしています。 会員だけが出演できる「定期演奏会」があります。 クラシックギターレッスンを東京で受けるなら【小林音楽教室】