クラシックギターレッスン東京では音楽の歴史も紹介します。エレキギターやアコースティックギターなどはミュージシャンの人が演奏しているのを見て知っている人も多いでしょう。クラシックギターの名前を聞いてどんな楽器なんだろうと興味を持った人にクラシックギターはどんな楽器なのかお伝えします。

クラシックギターレッスン東京が紹介するギターの歴史

クラシックギターはその名前の通りクラシックを演奏するための楽器です。6本のナイロン弦を指で弾いて演奏します。クラシックギターは古代エジプトで生まれた可能性もあるようです。現在の形になったのは19世紀中頃と言われエレキギターやアコースティックギターより歴史は古いようです。クラシックギターはネックという音程を決める棹の部分が太いので左手の親指はギターの弦を押さえずネックの裏側でギターを支えギターの弦を押さえる指は人差し指から小指までの4本の指です。クラシックギターは親指を支点に4本の指で弦を押さえて演奏します。ネックの幅はアコースティックギターより少しクラシックギターの方が太いので弦を押さえるのが難しいでしょう。

好きな曲を選んで練習しよう

クラシックギターは6本の弦で出来ています。ギターの練習方法は、独学でも学べますが、ギターの講座などに参加するとわからないことをすぐ尋ねられるメリットがあります。太い弦を押さえるのは難しいですが、ゆっくりときれいな音が出せるよう練習しましょう。右手と左手それぞれに練習する方法もありますが、自分の好きな曲を選んで練習すると少しずつ上手になっているのがわかってうれしいです。クラシックギターは、ナイロン弦を指ではじいた時の振り幅が大きくクラシックの弾き語りに向いている楽器です。クラシックギターの優しい音色は友人や家族など聴いてくれる人はもちろんですが一人で演奏していると曲に引き込まれ気持ちを豊かにしてくれる楽器です。

クラシックギターレッスン東京では手に持った感触を確かめて買う

クラシックギターが弾きたくなったらクラシックギターレッスン東京にお越し下さい。実際に手に取るとクラシックギターのサイズや形などは微妙に違っています。クラシックギターを購入する前に音程部分の棹のネックは手に持って感触を確かめた方が良いでしょう。自分の手に合ったギターを買うと練習しやすいです。高級品から手軽なギターまで幅広く揃えている楽器店から個性を重視したハンドメイドの楽器を扱う楽器店もあります。クラシックギターの事を良く知っている友人にギターのことを相談して楽器店に案内してもらいましょう。親身にアドバイスしてくれる楽器店のスタッフさんに自分に合ったクラシックギターを選んでもらうと安心です。忘れずにギターの手触りを自分で確かめてくださいね。