クラシックギターは材質などによってグレードが決定します。また良い音を出すギターを探すためには、いくつかのポイントを知っておくのが大事です。さらに演奏者も爪の手入れをしたり、ギターのメンテナンスを行う必要があります。

クラシックギターレッスン東京がおしえるグレードについて

クラシックギターの価格を決める要素にはいくつかありますが、まず材質のグレードが重要です。ギターの表面板が出す音はボディで増幅されます。そのため、横板や裏板は音を吸収するのではなく、質量の大きい音を反発するような素材が必要です。横、裏板にはハカランダやローズウッドのような重い黒味がかった材料が使われます。材質によって音量、音質に違いがでます。特にブラジル産であるハカランダは、クラシックギターの板として高いランクに位置付けらる材質です。このほか、ギターの塗装によってもグレードは変わります。古くからヴァイオリンなどの弦楽器で行われるセラック塗装は、材料がもつポテンシャルを引き出す手法であり塗装方法の中では最高だといわれています。

クラシックギターレッスン東京ギターの選び方

クラシックギターを選ぶ場合、音量を重視することが多いですが、音の大きさだけでなく高音域から低音域のバランスも確認しましょう。自然に減衰していく残業音であることが望ましいです。クラシックギターは長い年月の間、弾き込んでいくことによって、音が出やすくなり良い楽器になりますが、音の力強さと重厚感は変わらないので低音から中音域の重厚感がどのくらいか意識してみて試し弾きしてみましょう。
また弦をしっかり選ぶことも大切です。特に4から6弦は劣化しやすいので早めに交換することをおすすめします。ギターの弦は多くの種類が販売されていますが、いい音を出すためには自分のタッチに合ったものを探すため数種類試してみることが大事です。

クラシックギターレッスン東京の爪の手入れと弦の選び方

クラシックギターでいい音を出すためには、爪を綺麗に手入れしておく必要があります。目が細かい紙ヤスリで丁寧に磨いて仕上げましょう。布や皮で光沢が出るように磨くと綺麗になります。爪が長すぎるとクリアな音になりにくいので注意が必要です。
さらにクラシックギターの良い音を保つなら、手入れをすることも忘れないようにしましょう。人為的な要素がほとんどなくても長い年月によって木材のトラブルは発生してしまいます。ほっておくとどんどんトラブルは深刻化していくので、早めに対処できるように定期的に専門家に点検してもらうことをおすすめします。良い状態のギターを長く使うことによって、成熟した楽器へと成長していくので大事にしましょう。